学校が週休2日以下でも成績には変化なし

学校が週休2日以下でも成績には変化なし
0

週休二日制でも成績に変化なし

 

米国ジョージア州立大学とモンタナ州立大学の研究報告によると、学校を土日を休みにすると、小学生の算数の成績が改善するかもしれないという事です。

研究はコロラド生徒評価プログラム(CSAP)の4年生の国語(リーディング)と5年生の算数の成績において、週4日制の学校に通う生徒と従来通りの週5日制の学校に通う生徒で比較をしてみました。

すると、5年生の算数の成績において、週4日制の学校に通う生徒の方が週5日制の学生よりも有意に高いことが分かりました。しかし国語の成績には特に変化はなかったといいます。

この研究で言えること

つまり、週休4日制にしたからといって成績が下がるという事はないということを示しています。

従来は一日の勉強時間が増えることで集中力が欠け勉強効率の悪影響が出たり、週末が休みで間が空くことで、勉強内容を忘れてしまうと考えていましたが、実際はそういった影響はないと、この研究で分かりました。

成績向上に大事なのは時間配分による影響ではなく、やはり勉強の質や環境ではないでしょうか?当たり前では有りますが、まず質や環境の向上を意識する事が大事だと思います。その上で無理のない時間の使い方ではないでしょうか。

なので、学業成績において、学校の週休何日という論議は無意味であると、この研究結果から言えると思います。

 

 

参考文献

Does Shortening the School Week Impact Student Performance? Evidence from the Four-Day School Week

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


0

未分類カテゴリの最新記事