動脈硬化

今後は太っても動脈硬化などの心配はないかも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

肥満による中性脂肪増加のメカニズムが解明された

 

東北大学大学院医学系研究科の糖尿病代謝内科学分野の片桐秀樹教授と宇野健司助教らのグループが行った研究によると、太ることで中性脂肪が上がるメカニズムが分かったという報告がありました。

今まではその部分のメカニズムがハッキリしていなかったため、肥満による中性脂肪が増えたり悪玉コレステロールが増えたりするなどの理由が分からず、きちんとした対策もありませんでした。

 

肝臓のアミノ酸量がポイントだった

今回の研究では、肥満の人で中性脂肪が高いほど肝臓のアミノ酸量も高かった事に注目しました。

ネズミでの実験で通常の太っていないネズミにアミノ酸量を増やした所、中性脂肪が増えたという事が分かりました。

また更に、肝臓でのアミノ酸増加は、栄養過多状態であると脳に伝わり、自律神経に作用し、血中の中性脂肪の分解を抑制する命令が出ることが分かりました。

そこでこの脳への伝達を止めた所、ネズミの中性脂肪は増えなかったという事です。

このメカニズムの解明により、肥満の中性脂肪増加による動脈硬化の抑制薬などの開発に生かせると考えています。

 

まずは太ることは良くないことではあるが、単に肥満がダメだという事ではなく、メカニズムが解明されることで本質的な対策に繋がる事は非常に確信的な安心にも繋がります。一日も早く一般医療向けに開発が進めばと思います。

 

 

参考文献

「太っていくにつれて中性脂肪が上がる」メカニズムを解明~肝臓からの神経シグナルでメタボリックシンドローム発症~東北大学

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る