女性の肥満は幼少期にあった

女性の肥満は幼少期にあった
0

米国ミシガン州立大学の研究によると、女性の体重の増加は成人になってからのストレスよりも幼少期のストレスが大きく影響しているという事です。

しかし、男性に対してはストレスによって体重の増減には影響ないという興味深い結果もわかりました。

研究の対象者は、3617名(2259名の女性、1,358名の男性)で、15年間に4回、インタビューを実施。幼児期のストレスは、16歳以下で起こった家族関連ストレッサーの範囲(経済困難、離婚、親のうち少なくとも1人が精神的な健康問題を持つ、自分の父親を知らない)で測定されました。成人期のストレスは、失職、重要な他者と親の死亡、ケアワーカー・ストレスのような要因を含んだものとします。

解析の結果、幼少期のストレスが成人期のストレスより大きい女性は、幼少期のストレスがより少ないレベルの女性より、より速く体重が増加したというのです。

これは、幼児期は、女性の体重において長期にわたり影響をもたらす重要な時期である可能性があるからだと考えられます。

男女でストレスによって体重への影響に違いが有る理由として、女性と男性ではストレスに対しての行動の取り方の違いがあることが見えてきました。それは、女性はストレスを受けた際、沢山食べることで解消する傾向にあるのに対して、男性はお酒など直接体重の増減に関係のないもので解消している点です。

ひとつ言えることとして、抑うつは感情に影響し食べる事や体重増加に関わります。成人になると、女性は男性に比べて全般的に抑うつ傾向が高いということです。

この研究を准教授であるフイ・リウ氏はこう述べています。

「調査結果は、幼児期のストレスを減らすためにデザインされた治療と政策の必要性を強調する。晩年の肥満を予防、治療する効果的な臨床プログラムをデザインするために、我々は、性差に特化し幼児期の社会環境を考慮することが重要である」

晩年の肥満予防には幼少期のストレス解消という新しい視点での解決方法が近いうちに確立するかもしれません。

改めて人間というのは単純ではないという事が分かりました。なんとかダイエットとか、なんとか健康法とかきちんとメソッドを理解する事が大事だと確信しました。

そして健康になる上で、男女の違いもしっかりと理解することが必要だと言えるのではないでしょうか。

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


0

ダイエットカテゴリの最新記事