夏の紫外線対策には赤パプリカが最強!

夏の紫外線対策には赤パプリカが最強!

 夏の紫外線対策に最適な野菜「赤パプリカ」を

紫外線のダメージとは

夏の悩みの定番といえば紫外線によるダメージです。紫外線はコラーゲンを壊し、メラニン色素を過剰に生成しシワやシミ、タルミの原因ともなります。また紫外線は体内で活性酸素を作り、それが老化を促進させることも分かっているだけでなく、ガンなどの生活習慣病になりやすくもなるので、この紫外線対策は美容、健康面では必須です。

赤パプリカはどう良いのか

まず紫外線対策をするのに必須なのは、活性酸素をやっつける働きをする抗酸化作用の高いものを摂る事が必要です。そこで強い抗酸化作用があると言われているカプサンチンが入った赤パプリカが紫外線対策には最適です。カプサンチンは抗酸化力が強いと言われるビタミンEよりも抗酸化力が強いと言われています。

またビタミンCも他の野菜よりもずば抜けて多く含まれています。ビタミンCはメラニン色素の生成を抑えますのでシミ対策にもなり、抗酸化力もあるのでシワ、タルミ、老化予防にも効きます。

こういったことから赤パプリカは夏に食べたい野菜の1つと言えます。

 

どう食べたら効果的か

赤パプリカに含まれるカプサンチンは油と摂ると吸収を高めるので、カレーで食べると吸収が高まります。また茄子やアスパラガスなどの夏野菜も入れると更に抗酸化作用が高まり紫外線対策に効果的となります。

 

Cpicon 夏野菜の彩りカレー by meimamma

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事

乾燥肌カテゴリの最新記事