ダイエット

実は怖い!水の飲み過ぎによる水中毒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夏の暑い季節、またはダイエット目的、デトックス目的で大量の水分を摂取する人がいるが、水を大量に飲むようになって体調が思わしくない事が無いだろうか?

 水中毒とは

実は、水分の飲み過ぎで「水中毒」になることが有るという。メカニズムは簡単で、水分の取り過ぎで、水分の摂取量は排泄量を上回ると血液中のナトリウム濃度が低下し、アルコール依存症に近い症状が出ることがあるそうです。さらに重症化して血中ナトリウム濃度が低下すると脳浮腫になって昏睡や痙攣などになり、最悪死に至る場合も。

 対策は?

人間1日に最低限必要な水分は2.5㍑~3㍑程度。これを目安に摂取することが必要です。また汗をかいた場合の水分補給はスポーツドリンク、もしくは最近よく売っているが塩の入った飴などは失ったナトリウムを補給するのには良いです。

水は飲んでも害がないと思っている方は多いと思いますが、なんでも過剰に摂ることは体に良くないので、水分も特に夏はナトリウムも意識して気をつけましょう。

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る