未分類

離婚が原因で子供が太る可能性大!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

米国サンフランシスコ州立大学の研究によると、離婚した家庭の子供は、離婚していない家庭の子供と比較して加糖飲料の摂取量が増えているという。これにより肥満になる可能性が高くなってるようです。

この離婚後、加糖飲料が増える理由として考えられるのが、離婚により大きなストレスを感じ、そのストレスを軽減させるため手っ取り早い方法として加糖飲料を摂取しがちになるのではないかと推測しています。

実験では平均年齢10.26才の37名の前思春期の子どもとその親の5日間の食事行動を調査しました。今回の研究で、離婚後、朝食抜きが多めだったが顕著ではなく、外食などの頻度もそれほど差は無く、加糖飲料の摂取量だけが大きく変化していました。

離婚後は、生活環境や生活リズムなどが変化しやすいので、規則正しい生活を心がけることが大事だとしています。「子供は生活環境の中で一貫した生活習慣を保とうとしています。この一貫した生活によってセキュリテイが守られ継続性が生まれるのである」と筆頭研究者のクックストン教授は語っています。

離婚は結局は親の都合だけで決められてしまうことがほとんです。離婚は子供には何の責任もないですし、子供にとって大きなストレスとならないように親は最大限に努めなければならないです。子供がストレスで太ったり健康を害するような事が一切無いように努めるべきですし、このくらいするのは親として当たり前ですね。

 

 

 

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る