未分類

乳幼児にサプリメントを与えるのは、それダメ?それマル?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

厚生労働省研究班による報告によると全国の1歳~6歳までの子供にサプリメントを与えている親御さんが8%いるという結果でした。

「子供の健康を考えて」や「子供が好き嫌いを言い出し栄養不足を心配して」などが理由として上げられる一方で、飲ませているサプリの製品名や成分を答えられないという矛盾も生まれています。品質の良いサプリメントを子供に与えること自体は悪いことでは無いので専門家の支持で行うことが大事です。

しかし、3歳まので食生活が一生の食生活を決めると言われています。この段階で乱れた食事を与えていると偏食となり生活習慣病の懸念や心の健康にも支障をきたします。偏食により人間関係が上手く取れない、ゲームばかりするなどの一つのことにこだわるという統計もあります。

ここで大事なのは食育です。食事をする意味として咀嚼があります。咀嚼することで歯や顎を鍛え、胃腸の働きを良くし、そして脳を活性化させます。逆に言うと咀嚼が少ないとこれらの働きや成長が悪くなり、精神にも支障をきたします。

乳幼児はまだ体の基礎を作る段階にあるので、咀嚼させ、偏りのない食事をさせることが、味覚を育て、食事は顔の筋肉を使うので表情も豊かになります。また満腹中枢もきちんと機能し食べ過ぎなどによる肥満防止にもなります。

乳幼児の食事は親の責任としてきちんと食事から栄養を取らせる事を念頭に考えることが必要です。サプリメントはあくまで栄養の補助です。

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る