【専門家推奨】不眠症改善・眠れない時ににおすすめの栄養素とは

【専門家推奨】不眠症改善・眠れない時ににおすすめの栄養素とは
0

 

不眠症改善に必要な栄養とは?

 

不眠はストレス反応の典型的な症状の一つで、興奮状態であることが睡眠障害を起こします。またコーヒーなどの交感神経を興奮させる物や、不規則な生活リズムにより体内時計が狂って睡眠障害を起こすこともあります。他にも、うつ病でも不眠と診断される事があります。

一般的にサプリメントとしては興奮を抑える不眠解消定番ハーブのバレリアンや、40歳以降分泌が減り、体内時計を調整するメラトニン、神経の緊張を解くスカルキャップ などがおすすめです。他にも不眠時に不足しがちで、疲労回復させるビタミンC、ビタミンB1,B2,B6を効果的に摂ると良いと思われます。

また予防医療サプリメントアドバイザーである柴田丞氏が睡眠不足の時におすすめするサプリメントもご紹介。

活用法と注意点

不眠解消の定番ハーブのバレリアン

眠れない人はまずこれからという定番ハーブです。臨床実験で成果が認められているハーブです。パッションフラワーと飲むと効果大です。また他の鎮静剤との併用は避けてください。

体内時計調整にメラトニン

不眠症や時差ボケなどに良く利用され、体内時計の調整にかかわりがある物質です。睡眠薬のような働きとは違い、依存症などの心配は無いと言われています。また加齢と共に減少していきます。

不眠時に不足する栄養補給にビタミンB1B2B6

不眠のときビタミンB1,2,6、Cが不足しがちなので相乗効果のあるマルチビタミン&ミネラルで摂る事が必要です。

注意:ビタミンCは水溶性ですので過剰に摂ってもすぐ排泄されますが、量には個人差はあるものの、あまり過剰に摂ると下痢を起こす事があります。

神経の緊張を解き落ち着かせるスカルキャップ

シソ科の植物で鎮静作用があるハーブで、イライラや不眠の時に、神経を落ち着かせてくれます。頭痛にも効果あります。

 

 

予防医療サプリメントアドバイザーである柴田丞氏が睡眠不足の時におすすめするサプリメントとは

柴田氏著の「そのサプリ危険です」で紹介されている方法をご紹介します。

まず最初に、ドラッグストアで売っている睡眠導入剤はアレルギー性鼻炎などで眠くなる作用のあるものを活用しているだけなので、常用するのはあまりお勧めしません。

柴田氏はリラックスしながら穏やかな眠りにつき、朝は爽快感があるハーブとしてバレリアンを進めています。また睡眠前のリラックス効果としてカモミールもすすめています。実際これらは柴田氏の妻が不眠症の時に使ったそうです。そして実際に思ったような効果があったそうです。

そして、他に睡眠効果を上げるためにやったことは、寝室の空気をきれいにした事です。

寝ている時は室内の空気だけで人は生きている訳なので非常に重要です。またアメリカの消費者連盟の報告では室内の寒気が足りない場合、外の空気よりも10倍汚れるという報告もあるので、空気を綺麗にすることは効果があると言えます。

柴田氏がすすめる不眠改善策はバレリアン、とカモミールと寝室の空気を綺麗にする事です。実際に成果があったやり方なので参考にしてみてください。

 

参考書籍

更に詳しくはこちらの書籍「そのサプリ、危険です!」で

 

 

購入はこちら↓


 

 

 

著者:柴田丞氏とは

1980年、東京都生まれ。2007年、東京農工大学大学院応用生命化学専攻修了。大手外資系製薬会社アストラゼネカなどを経て、株式会社 柴田丞メディカル総合研究所を設立、代表取締役に就任。予防医療サプリメントアドバイザーとして活躍。
美容に不可欠なコラーゲン研究の第一人者野村義宏氏に師事、研究開発の現場で得た経験を生かし、「本物のサプリメントを摂る事による予防医療」の研究に没頭。

現在は、書籍の執筆や予防医療に関するセミナー開催を行う傍ら、健康に関する個別コンサルティング、メールマガジンの配信などを行っている。

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


0

不眠症カテゴリの最新記事