生活習慣改善

野菜不足にはどんな栄養素・サプリメントが良いのか?それでも補えない栄養素とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

野菜不足改善に必要な栄養とは?

現代人は中々野菜が摂れる食生活ではないでしょう。また野菜嫌いな人も野菜が不足して不安もあるかと思います。そこで色々書籍を調べてみた結果を簡単に解説します。きちんと結論と問題点も提示するので最後までご覧頂けたらと思います。

まず野菜不足な時、栄養補助として、最低限、野菜に多く含まれ、抗酸化作用のあるビタミンA,Cをサプリメントで摂る事をおすすめします。サプリメントで摂る場合は、マルチビタミンミネラルで摂るのが栄養バランスを考えたらベストだと思います。プラス、先ほど書いたビタミンA、摂取する場合はβカロテンがおすすめです。βカロテンであれば体内で必要な分だけビタミンAに変換されてます。あとビタミンCは摂り過ぎても排出されるので、美容やストレスが気になる人はピンポイントで摂るのも良いでしょう。

それと野菜で忘れてはならない食物繊維です。特に野菜が足りない人は食物繊維は不足しがちです。他の食品からも摂れますが、野菜を食べたない人は野菜を食べない分足りていないはずなので、意識して摂りましょう。

つまり、サプリメントとして野菜不足を補う場合はマルチビタミンミネラルとビタミンA、ビタミンC、食物繊維の摂取がおすすめです。

でもサプリでは野菜不足は完全に補えない事も理解しましょう

基本的には野菜はなるべく食事から摂ることを基本としてください。なぜならどんなにサプリメントを摂っても野菜にはフィトケミカルという野菜にしかない特殊な栄養素があるからです。これは、アクに含まれ苦みの成分になるものですが、抗酸化作用や免疫力アップなどの効果があります。これはサプリメントでは補うのは難しいでしょう。

また、野菜には他にも様々な栄養素が含まれているだけでなく、まだ解明されていない成分も様々含まれており、その相乗効果で体に良い働きをしてくれます。なのでサプリメントでは野菜に含まれるビタミン、ミネラルは補えても、野菜特有の栄養素は補うのは難しい事を理解しましょう。

活用法と注意点

緑黄色野菜に多く含まれる脂溶性ビタミンのビタミンA

ビタミンAは緑黄色野菜に多く含まれていて、不足すると肌がかさついたり、粘膜が硬くなるのでウィルスが侵入しやすくなります。ビタミンAはガン、老化、白内障予防になるので野菜不足の方はサプリメントで摂取する事が大事です!

注意:ビタミンAは過剰摂取すると頭痛、めまい、肌荒れ、抜け毛、下痢などの過剰症を起こす事があるので、体内で必要なだけビタミンAになるβカロテンで摂取すると良いです。

緑黄色野菜に多く含まれる水溶性ビタミンのビタミンC

緑黄色野菜に多く含まれているもので、免疫力向上やウィルスの侵入、生活習慣病を防ぎ、抗酸化作用でストレスからも守ります。

注意:ビタミンCは水溶性ですので過剰に摂ってもすぐ排泄されますが、量には個人差はあるものの、あまり過剰に摂ると下痢を起こす事があります。

野菜不足の人に不足しがちな食物繊維

なんと言っても、野菜不足は食物繊維不足になってしまいます。食物繊維は便秘はもちろん、高血圧、動脈硬化症、糖尿病、大腸ガン予防になります。

野菜不足改善に特化したサプリメント

Nature’s Way  ガーデンベジタブル 60粒 

必要な野菜栄養分が一粒にぎっしり詰まった野菜不足が心配な人向けのサプリメントです。100%野菜から作られた、ベジタリアンでも安心なので、不規則な現代人には是非。Nature’s Wayでも人気の商品です

 

この商品を見る↓

 

(2粒あたり)
◆ベジタブルジュース・ブレンド 900mg

(パセリジュース・パウダー、ケールジュース・パウダー、ホウレンソウジュース・パウダー、小麦草ジュース・パウダー、 芽キャベツジュース・パウダー、 アスパラガスジュース・パウダー、 ブロッコリージュース・パウダー、 カリフラワージュース・パウダー、 ビートジュース・パウダー、 人参ジュース・パウダー、 キャベツジュース・パウダー、 ニンニクジュース・パウダー)

(その他成分)
◆植物由来のセルロース(ベジタリアンカプセル)

注意:このサプリメントも完全に野菜不足を補えるものではありません。ただベジタリアンでも飲めるように作られているので、野菜に近いサプリメントと言えるかもしれません。

にほんブログ村 健康ブログ サプリメントへ


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る