機能性成分一覧

1/10ページ

カカオの効能とは?どれだけ飲めば効くのか?カカオは美容、健康、全てに効果があるスーパーフードだった

0 美容、健康、全てに効果があるスーパーフードのカカオ カカオとは? カカオは中央アメリカから南アメリカを原産で、あおぎり科 テオブロマ属 カカオ。正式な学名は「テオブロマ  カカオ」と言います。このテオブロマとは、「神様のたべもの」という意味があります。 ちなみにカカオはチョコレートやココアなどの原料となる物です。 厳密に言うとカカオ豆が原料となります。カカオ豆は小さなラグビーボール程のカカオの […]

論文から見る「ラクトフェリン」の本当の効果とは?

0 ラクトフェリンは実際の効果はどうなのだろうか? ラクトフェリンといえばヨーグルトなどのCMなどでも良く耳にする成分で、腸内環境を整える効果が有名です。 関連商品もヨーグルトなどの乳製品やサプリメントなども数多く販売されていますが、ラクトフェリン自体の効果はどの程度の物なのでしょうか? 研究や論文からラクトフェリンの本当のところの効果を見ていきたいと思います。 その前にラクトフェリンについて簡単 […]

論文から見る「リコピン」の本当の効果とは?

0 リコピンは実際の効果はどうなのだろうか? リコピンというと強い抗酸化作用があり、美容の効果、ガン予防、心臓病のリスク低下などいろいろな効果が言われています。 トマトの赤い色はリコピンによることから、トマト関連の商品でリコピンが増量された商品を多く見かけるようになりました。それほど一般的にリコピンの効果を期待してる消費者が多くなってきており、注目もされている成分です。 しかし、その効果はどの程度 […]

論文から見る「アスタキサンチン」の本当の効果とは?

0 アスタキサンチンは実際の効果はどうなのだろうか?   まず、アスタキサンチンと言えばどんな効果が有名だろうか? そう、強力な抗酸化作用です。アスタキサンチンはビタミンE、βカロテンの抗酸化力の約100~1000倍近くあると言われています。この強力な抗酸化作用によって、生活習慣病予防や美容効果が期待されています。 またこういった効果を見込んだ商品も数多く販売されています。 しかし、その […]

経口摂取のグルコサミンは変形性関節症に効果なし!

0 グルコサミンは関節痛には効果なかった! 変形性股関節症または膝関節症などの関節痛といえばグルコサミンというイメージがすっかり定着しています。そういった商品も数多く販売されています。実はこれまではグルコサミンは効果があると考えられてきましたが、近年研究の質が向上し、再度研究をすることになりました。 研究はオランダErasmus大学医療センターのJos Runhaar氏らが、変形性股関節症または膝 […]

α-ヒドロキシ酸の科学的に有効性がある効果とは?

0 α-ヒドロキシ酸の実際に期待できる効き目・効果は? α-ヒドロキシ酸の働きとは? α-ヒドロキシ酸はフルーツなどの食べ物に含まれる酸で、クエン酸、グリコール酸、乳酸、リンゴ酸、酒石酸などがあります。 体内では、死滅した皮膚の上層部の古い皮膚細胞を除去します。 ピーリングや化粧品など美容関連の商品に良く使われており、シワを薄くしたり、美白効果が期待できます。また肌のシミやくすみなども薄くする効果 […]

核酸とは?分かりやすく解説

0 細胞レベルで若返える成分 核酸とは 核酸は動植物すべての細胞に含まれる有機化合物です。核酸とは生存のための遺伝情報をつかさどるDNA(デオキシリボ核酸)とその情報を読み取って、たんぱく質を合成するRNA(リボ核酸)を言います。核酸は細胞の核となる重要な成分です。 つまり、細胞分裂と再生をつかさどる重要な成分です。 核酸の効果・働き 新陳代謝を良くし細胞レベルで老化を防ぐ 核酸は細胞の新陳代謝を […]

子供の喘息リスクを下げるにはオメガ3の摂取を

0 妊娠中のオメガ3系脂肪酸摂取が子供の喘鳴・喘息のリスク低下に   デンマーク・コペンハーゲン大学の研究論文で判明 デンマーク・コペンハーゲン大学のHans Bisgaard氏の研究によると、妊娠24週以降にn-3系長鎖多価不飽和脂肪酸(LCPUFA)を摂取することで、出生児の持続性喘鳴または喘息、および下気道感染症のリスクが絶対値で約7%、相対的には31%低下することが分かりました。 […]

ドライアイ改善にオメガ3が有効の可能性

0 オメガ3の摂取でドライアイ改善の可能性   オーストラリアのメルボルン大学の研究によると経口長鎖オメガ3必須脂肪酸サプリメントはドライアイの改善に有効の可能性がある事が分かりました。 実験では軽度~中等度ドライアイ患者60人にオリーブオイル、オキアミオイル、プラセボの3チームに分け、3か月間摂取してもらった所、摂ってない人と比較して、涙液浸透圧が低下し涙液安定性の改善がみられました。 […]

欧米化した食事をやめると老化が進む?!

0 大事なのは脂肪酸のバランスだった   様々な健康情報において動物性脂肪が悪いとか、植物性脂肪が良いとか、極端な情報が蔓延しています。 確かに部分的に考えて動物性脂肪ばかり食べたら体に悪影響です。植物性脂肪も部分的にとらえて血をサラサラにするとかメリットばかりが目立ちます。 そうなると動物性脂肪、つまり肉やバターを食べなくなったり、植物性脂肪である魚類やえごま油などを多く摂りがちになり […]

1 10